Rage in Eden / Ultravox

Ultravox 1981 年の名作中の名作。

コニー・プランクのプロデュースで、しぬ。
「Koln 1981」の文字で、しぬ。

アートも歌詞もヨーロッパの没落、斜陽、デカダンイメージで、80年代初期のニューロマンチックどまんなか(というか Ultravox がニューロマンチックというものをつくりだした)なので、今みると、一歩まちがえるとこっ恥かしいというか、宇宙一の勘違い田舎者石井龍也と紙一重レベルかもしれないが、当時はかっこよくて死ぬと思っていた。

彼らは自分たちのツボ、つまり Ultravox のアルバムを買ったひとたちにとって何が「待ってました!」なのかをよく理解していて、

The Voice のArp Odyssey の「ぅう〜〜〜」シンセソロに入るところは、キターー、しぬー、いまこのまま加速して突込んで即死してしまいたい、とか運転していて一瞬おもいましたので、運転中に名盤を聴くのはやめましょう。

しかしこのアルバム出てから21年たっていて、おれも年をとったものだ。 

Rage in Eden

Rage in Eden