Xantia納車

納車. というか自分で取りに行った. 私が自分で取りに行く由希望.

会社を早めにひけてから取りに行く予定だったのだが, 急遽取材の仕事が入ってしまったため, 予定を前倒しにして午後3時に 関町へ.

覚悟はしていたが, 練馬300と, ナンバーの分類番号は三桁になってしまった. ちょっとイヤ.

担当の方の車内のレクチャーもそうそうに, そのまま取材先の世田谷へ. ハイテク会社のイスラエル人社長に対するインタビューだったが結局通訳もついたのでラッキー :-) レポートをまとめて帰宅.

この日は車が来たら家族で食事に, という予定だったので, 6カ月の娘だけ実家に預けて息子と家内で軽くお出かけ.

右前ストラット上のスフィアの奥, 防火壁に書いてあるRP-Noは6741だった.

RP-Noから車の誕生日を求めることができる. それにによれば, この車の誕生日は1995/4/23となる.

1999.5 Xantia1999.5 Xantia

PSAに染まった実家. ああ, ついに…

父がプジョーで私がシトローエン, 息子がルノーなので, 親子三代で三社揃ったことになる.

1999.5 Xantia1999.5 Xantia

しかし, 車庫入れのしやすさには驚いた. 全長4.3mのインプレッサでも割と注意深くしないと入らないスペースに, 4.4m, いちおう3ナンバーのクルマなのに, 割とさっくりと入れられる. タイヤがいっちばん後ろにあるからかな. ハンドルも良く切れるじゃん.

もちろんリコールもちゃんとディーラーで処置済.

(運輸省 自動車リコール等検索: リコール 外-634-0 or リコール 外-635-0)

深夜ひとりでクルマを停めると, いちばん最後に, 油圧ポンプの止まる音がかすかに シューン, ゥォオーン, ルルルル… と聞こえる. ううう, 感激.