music

SEIYU BGM 2016/11/5

いつも楽しみ、あの素晴らしい「SEIYU BGM」 2016年11月5日付けのセットリストが出ていたので、またプレイリストにしてみたよ。 Spotifyのプレイリストも。全曲は揃いませんでした。ざんねん。 SISTER SHADOW by RODDY FRAME I'M GONNA BE (500 MILES) by TH…

SEIYU BGM 2016/9/21

いつも楽しみ、あの素晴らしい「SEIYU BGM」 気づいたら2016/9のイシューも出てました。さっそくYouTubeプレイリスト作成。 せっかくなので、Spotifyのプレイリストにもしてみたよ。 FIND MY LOVE by FAIRGROUND ATTRACTION DEER IN HEADLIGHTS by DYLAN MON…

Weight Against The Door / Black Marble

Gucciの2016 Fall/WinterのPVがエグいブラック・レインなテイストで、まるでリドリー・スコットと蜷川実花がカップリングしたかのような尖ったかっこよさで話題ですが。 このPVで使っている曲がまたかっこいい。音も映像も80年代のゴシックでキッチュな味で…

Spokes / Plaid

Plaidの2003年のアルバム。 m1 Even Springが、エレクトロの気持ちよさと、予定調和を常に33%あれでもかこれでもかと裏切り続ける気持ち悪い気持ちよさで満点。 m9 Bunsも、後半の明るい不気味さがたまらない。 仕事で集中したい時、何十時間でも生命が途切…

New Order来日 (新木場STUDIO COAST)

29年ぶりのNew Order単独来日。もちろん行ってきた。 29年前のFM東京主催の来日は、なぜか見切ってしまった。当時はライブ・バンドとしてのNew Orderにはそれほど魅力を感じていなくて、加えてあの唄と演奏のヘタクソさが、金を払って足を運んで見るべきもの…

あのSEIYU BGMを過去の分もYouTubeプレイリストにしたよ

近年の西友のBGMは、InterFMが担当していて、さらにピーター・バラカンも選曲に加わっているようで、クォリティがすごい。 で、別件で調べ物をしていたら、ちゃんとseiyu.co.jpにセトリが掲載されてたのを発見! 現在(2016.5.3)のステーションはYou Mary You …

中年男を泣かせ殺すスーパーボウルのAudi R8コマーシャル

アメリカで毎年の恒例行事となっているスポーツイベント、スーパーボウル。国民的行事であり、かつケーブルテレビが発達した米国で「みんなが同じ番組を見る」ケースがほぼこれしかないこともあり、Super Bowlのテレビ中継でかかるコマーシャル枠は世界一高…

OK Goの新作PV Upside Down & Inside Outが良い

アメリカのロックバンドOK Goの新作プロモビデオがまた公開された。 今回のテーマは「自由落下無重力」CGもクロマキー合成も一切なし! とイントロでうたっている。この、一発撮りの展開、脚本はすごい! ぜひ見てみてください。 一本道でシンプルだけど、無重…

私を構成する9枚

なんかバトンっぽくなってる。evernoteに2010年ごろ書いたメモがあったので載せてみる。 9枚 BGM アーティスト: YMO 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックハウス 発売日: 2003/01/22 メディア: CD 購入: 2人 クリック: 169回 この商品を含むブログ (119件)…

Quartz Composerを使ったVJプロジェクションの紹介

いまどきのMacなら無料で使えるビジュアル・プログラミング環境Quartz Composerと、それを使って僕がどんなことしてるのか、その中身や背景について書きます。

Steve Reich - Music for 18 Musiciansのおすすめ

Music for 18 Musiciansというと、スティーブ・ライヒのミニマル・ミュージックの代表作のひとつだ。14パートからなる組曲であり、管弦楽がずっと気持ちよくミニマルしてくれる1時間。先日qiitaにも書いたとおり、集中のための音楽としても最強のものだ。 St…

DENON AH-C710

夏に買ったXiaomiのイヤフォンがどうも満足感ないので、あれこれ探し… DENON AH-C710が5,000円台になっていたので購入。6年前はまだ高かったので見送ってた。 DENON インナーイヤーヘッドホン ブラック AH-C710K 出版社/メーカー: デノン 発売日: 2009/08/31…

未来音楽祭 (西麻布Bullet's)

mi-onさんのお誘いで、西麻布BULLETSの未来音楽祭に参加。 Angel Quartz (mi-on & Vo渡邊恵津子) 渡邊恵津子さんはプロのオペラ歌手。「のだめカンタービレ」の映画の歌唱をアテている人、といえば素晴らしさがわかるだろうか。渡邊さんとmi-onさんによる、…

朗読イベント 耳で楽しむ読書の日 /w mi-on & 大山貴善

声優さん主催の朗読イベントに、着物エレクトロのmi-onさんが尺八奏者の大山貴善さんと一緒に出るというので、プロジェクションVJで参加してきました 会場は目黒のViibar Square 大山貴善さんも加わることで、今日はより和風な感じでいきます。リハ。 やって…

Xiaomi Piston Gold

毎日使うイヤフォン。audio-technica ATH-CKM500を「まぁまぁ」満足して2年ほど使っていたが、左側が断線してしまった。 面倒くさくなって、iPhone付属イヤフォンで日々をしのいでいたが、さすがに厳しく、そんなところに息子さんがXiaomi (しゃおみ) のイヤ…

A Broken Frame / Marsheaux

ギリシャのMarsheauxという、シンセポップの女性デュオのアルバム。Depeche ModeのA Broken Frameをまるまるカバーした1枚です。同好の士にはかなりおすすめ。 A Broken Frame Marsheaux エレクトロニック ¥1500 A Broken Frame アーティスト: Marsheaux 出…

CAPS LOCK / CAPSULE

capsuleがヤマハ系から移籍して最初のアルバム。うっかり聴き逃していた。ユニットのキャピタライズもCAPSULEになったみたい。uppercaseに。Bonnie Pink→BONNIE PINKみたいだね。iTunes管理的には面倒なのだが。 移籍の理由にどんなものがあったのか知らない…

MG / Martin L. Gore

孤高のDepeche Modeの孤高のソングライター、マーティンのソロ。 ソロアルバムとしてはCounterfeit, Counterfeit IIに続く3枚めだけど、Counterfeitシリーズはその名の通り「贋作」、つまりカバー曲を集めたものだったので、オリジナル曲のソロアルバムは初…

クロサワ楽器、レモン画翠、南洋堂書店、古瀬戸

娘さんが2本目のアコギがほしいというので、お茶ノ水へ。あれこれ巡ってみて、クロサワ楽器で。息子さんが主にギターの良し悪しを見てくれている。ほんと仲良しの兄妹で、たのしい。 お茶ノ水駅の近くのレモン画翠へ。 イラスト好きの娘さんは画材、建築科の…

Cruelty Without Beauty / Soft Cell

説明不要のエレポップの老舗中の老舗、Soft Cellの2002年の再結成新譜。ついうっかり、最近まで聴き逃していた。 つい最近 (といっても13年前ですが…) の作品なのだけど、実にソフト・セルそのものだ。とくにMemorabiliaやNon-Stop Erotic Cabaret, Whatのあ…

Chorus / Erasure

Erasureの1991年作品、5枚めのアルバム。ちゃんとリアルタイムにイレイジャーを追っかけて、良いと思って聴いていた最後の一枚。もう24年前か… 全曲がちゃんと粒ぞろいであります。その後は、僕の印象では、イレイジャーは永い永いマンネリに陥っていった。…

The Innocents / Erasure

ところで、このアルバムにはYahoo!という曲も入っているのですが、感嘆符もついた形でのYahoo!という文字列が世界で最初に現れたのは明らかにこの曲名です。このアルバムがリリースされたのは1988年ですから、会社のYahoo!はおろか、ジェリー・ヤンがスタン…

Leno Lovecraft

Leno Lovecraftはニュージーランドのエレポップ・ユニット。キラキラ・サウンドに女の子のウィスパー・ボイス。みたいな、いわゆるああいうやつっぽい感じです。 Leno Lovecraft Platinum Planet EP所収のAlien Islands, Paradise Planetあたりが割と好みで…

宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について- / Various Artists

邦楽はめったに聴かないのだけれど(そもそもあんな高いものを!)、才人 宇多田ヒカルを、これまた多彩なアーティストがカバーしまくった一枚。これはかなりいい! とにかく、岡村靖幸がAutomaticをカバーしているというので、知ってもう、すぐ、電車のなかでiT…

You Are Beautiful at All Times / Yppah

シューゲイザーとエレクトロニカの融合みたいによく語られるUSのアーティスト。ドライブ感をもって聴ける音響系、みたいな感触を持った。読み方は「いぱ」みたい。 代表曲は、アルバムm3の、しっとり切なめに構築されたAgain With the Subtitlesかな? 落ち着…

The Golden Age Of Apocalypse / Thundercat

Flying Lotusときたので、ならば昔からベースでフライング・ロータスにもがっつり参加してるThundercatへ。3年まえのアルバム。 一曲あげるなら、このDaylightなんだろうか。でもアルバム13曲とも揃っての世界観なので、なんともいえない。これまた「不思議…

You're Dead! / Flying Lotus

こないだの秋ごろに出たFlying Lotusの最新盤。屈折ジャズ。 短めのフラグメント的なのが20曲はいってて、1曲だけ聴いてどうというものでもないんだよなあ。ふしぎな幕の内弁当のような一枚です。じゃあスルメなのかというと、微妙にダシが出きっちゃってる…

Gods and Monsters / Juno Reactor

ジュノ・リアクターの2008年作品。ゴア・トランスでエレクトロな、そしてジャパニメーション感のあるジャケといい、いつものケレン味がいっぱい。アルバム全体でみると、いろんな方面にがんばってて、むしろちょっとばらけちゃってるかなという感じもするか…

Fall of an Empire / Vomito Negro

ベルギーのEBMユニットVomito Negroの、Death Sunより一枚前のアルバム。2013年作品。なんだろうこの安定感は。これまた全曲、捨て曲なし。9つ入りのモノを買ったら、9つしっかり入ってる満足感。ラストm9 Fall of an Empireだけ11分のやや大曲です。 Enemy …

Death Sun / Vomito Negro

Vomito NegroはベルギーのEBMユニットです。 「ベルギー」「EBM」とくればFront 242がど真ん中ですが、より、少し渋めな感じ。バンド色もかすかに強いように思えます。Death Sunは今年2014年にでた最新作。アルバムM2のStainをどうぞ。曲の展開、コード感、…