movie

フラガール

はじめて観た。Amazonプライムにて視聴。 話は大変にベタだが、これはベタの勝利。伏線もきれいに回収される。 松雪泰子も蒼井優も実にいい。やっぱり観てよかった、な一本。 フラガール 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを…

ロボコップ

1987年のオリジナルのほう。Amazonプライムビデオで。 ロボコップ (字幕版) メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る Amazonプライム・ビデオで映画もTV番組も見放題 低予算の良さあるなぁ。描写のエグさも確かにあるけど、ところどころに入るネ…

スペース・カウボーイ

かつてプロジェクトが頓挫して宇宙に行けなかった元空軍パイロットの爺さんたちが、再び宇宙を目指す話。Amazonプライムで視聴。 スペース カウボーイ(字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る Amazonプライム・ビデ…

[リミット]

閉所恐怖症の人はきっと1分と見ていられない一本。Amazonプライムで視聴。 イラクで働くアメリカ人労働者ポール・コンロイは襲撃を受け、目覚めたら棺に入れられ土の中にいた。手元にあるものは携帯電話、ライター、ナイフ、ペン、酒。なぜここに入れられた…

座頭市物語

言わずと知れた、勝新太郎のライフワーク「座頭市」の最初の一作。白黒映画。Amazonプライムで視聴。 座頭市ものは何かエグそうで食わず嫌いだったのだが、少なくともこの一作目は、静と動、抑制の効いた深い表情や演技など、渋い。敵役というか友の天知茂も…

ライトスタッフ

戦後のアメリカの、音速飛行への挑戦から初の宇宙飛行へと、積み重ねていったパイロットたちやその家族の模様を描いた名作。Amazonプライムで視聴。 なぜかたまたま今まで観ていなかったので、ちょうど良かった。話は盛りすぎもせず地味すぎもせず、適切に史…

96時間

「誘拐された娘を救出するために無限に大暴れ」系の、モチーフとしては「コマンドー」と同じ映画。ただし主演がリーアム・ニーソンで舞台は主にパリ。Amazonプライムで視聴。 96時間 (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブロ…

フューリー

Amazonプライムで視聴。M4シャーマン戦車1台でナチと最後まで頑張って戦うぞという戦争映画。 ブラピは悪くないんだけど、筋がどうにも雑だったなぁ… フューリー(字幕版) 発売日: 2015/02/11 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る Amazonプラ…

シン・ゴジラ - エリートとしての新幹線から民衆カタルシスとしての在来線

観た。7/31に普通の映画館で観て、そのあと立川の極上爆音でも観た。 大変に、おもしろかった。 のっけから東宝のきらきら画面が、現行のものと、クラシックなものと、確か2種類が立て続けに出て、否応なく盛り上がる。 その直後、画面全面水色背景で東 宝 …

サイコ

あの、あまりにも有名な、ヒッチコックのスリラー映画の古典。気づいたらそういえば観たことなかったのでhuluで視聴。 なるほど! こういうストーリーの映画だったのね。楽しんだ。 映画っていいですね! サイコ Psycho (日本語字幕版) [1960] アルフレッド・…

ラスト・ターゲット

huluで視聴。 とても静かで渋く美しい映画だった。とりあえず、A級映画かB級映画か… と暇つぶしのつもりで観はじめたところ、監督がアントン・コービンということで、座り直して鑑賞する。もちろん、U2やビヨークのPVの監督として有名な人。僕個人としては、…

ハリーの災難

huluで視聴。 ヒッチコックのヘンテコサスペンス。観たのはおそらく三十何年ぶりぐらいで、筋は全く忘れており、はらはらしながら (というより、イライラしながらw) 楽しんだ。 映画というよりもお芝居で見てみたい一本。 ハリーの災難 The Trouble with Har…

グリーン・ゾーン

huluで視聴。 監督がポール・グリーングラス、主演がマット・デイモン。一連の「ボーン・シリーズ」でおなじみの、満足度高いシリアス風味のスリラー・アクション映画を創りだしてきた組み合わせ。なのだが、それぞれのキャラクターの立ち位置や筋の流れがが…

エクスペンダブルズ2

huluで視聴。てんこ盛りのお気楽ミリタリーアクション。 主演のスタローンに、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、敵の悪いやつがジャン=クロード・ヴァン・ダム、そしてあとは味方側のオマケにブルース・ウィリス、アーノルド・…

トランスポーター

huluで視聴。 映画が始まってすぐ、あぁこれリュック・ベッソン製作なのかぁ… と半分あきらめモードになる。リュック・ベッソンのすべてがダメというわけではないが、TAXiシリーズは生理的にあのチャラさが受け付けない。本作は、TAXiシリーズをもう少しオト…

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

huluで視聴。 実在の詐欺師の自伝を元にした映画。原作(主人公である詐欺師)はフランク・W・アバグネイルという人。主演はレオナルド・ディカプリオ。彼をまったりと追いつめるFBI捜査官を演じるのはトム・ハンクス。監督はスティーヴン・スピルバーグ。とき…

ドラゴン・タトゥーの女

huluで視聴。結構よかった! 監督はデヴィッド・フィンチャー。実は初監督作「エイリアン3」(1992)のころから好きです。音楽はTrent ReznorとAtticus Rossのコンビで、フィンチャー監督の前作「ソーシャル・ネットワーク」と同じ。タイトルバックもすごくよい…

ユナイテッド93

huluで視聴。相当に良かった。 米国同時多発テロ、いわゆる9/11事件では、4機の旅客機がハイジャックされた。映画のタイトルになっているUnited 93は、ハイジャックされた4機のうち唯一「目標」に達して突っ込むことなく途中で墜落した飛行機で、登場してい…

ジャッカル

huluで鑑賞。 これまさか「ジャッカルの日」のリメイクじゃないだろうな? と思いつつ観ていたが、やはりそうで、しかし原作とあまりにかけ離れているので、原作者フレデリック・フォーサイスからも、映画「ジャッカルの日」監督ジンネマンからも襲名を拒否さ…

中年男を泣かせ殺すスーパーボウルのAudi R8コマーシャル

アメリカで毎年の恒例行事となっているスポーツイベント、スーパーボウル。国民的行事であり、かつケーブルテレビが発達した米国で「みんなが同じ番組を見る」ケースがほぼこれしかないこともあり、Super Bowlのテレビ中継でかかるコマーシャル枠は世界一高…

007 スペクター

007 Spectre先行上映観てきた。 これは、うーん、ボンドものをさんざ観てきた層向けの二次創作というか、歴史の復習・集大成、再解釈を確認していく映画だ。スパイアクション的な要素は話を進めるための接着剤。過去の人物や猫や車のナンバーなどが頭に入っ…

宇宙人ポール

ゆるめのコメディ・ロードムービー。結構おすすめ。 あこがれのアメリカ旅行にイギリスからやってきた男ふたり。 ひとりは(売れない?)SF作家で、ちょっとオタク。サンディエゴのCOMIC-CONなんぞ行ったりする。 (僕90年代に仕事で一人でCOMIC-CON取材いったこ…

007 ゴールデン・アイ

主演がピアース・ブロスナンに代わってからの初の007シリーズ。Mがジュディ・デンチに代わったのもこの作品かららしい。Nexus 7で鑑賞。 ぐだぐだになってからの後期ロジャー・ムーア時代のごとく、登場人物も筋も画もなんかチャラい。あんま好みでなかった…

椿三十郎

何十回観ても面白い。 椿三十郎 発売日: 2015/04/22 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る

用心棒

何十回観ても面白い。 用心棒 発売日: 2015/04/22 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る Amazonプライム・ビデオで映画もTV番組も見放題

007 慰めの報酬

数年ぶりに鑑賞。Nexus 7で。渋めでなかなか悪くない。 007 / 慰めの報酬 (字幕版) 発売日: 2014/02/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログ (2件) を見る Amazonプライム・ビデオで映画もTV番組も見放題

アンドロメダ…

古典「SF映画」の金字塔。 「ER」とか「ジュラシック・パーク」の作者マイケル・クライトンの出世作。 原作の小説は「アンドロメダ病原体 (Andromeda Strain)」だが、映画の題名は「アンドロメダ…」(あんどろめだ 三点リーダ) 落下した人工衛星に付着してい…

007 Skyfall

007映画最新作。 色調は暗めで地味。でも渋い。ロジャー・ムーア時代のようなスパイ観光映画を望む向きにはまったく合わないし、といってジェイソン・ボーン・シリーズほどストイック風でもないが、渋めの007ものとして結構おすすめ。 上映の頭で、Sony Pict…

エビータ

京都に向かうのぞみ51号の車内で、DVDで鑑賞。 二流女優からアルゼンチンのペロン大統領夫人にのし上がり、政治に割って入って女性と貧民優遇政策をお金ばらまきで実施し、崇拝と批判を共にした女性エヴァ・ペロンのお話。 が、見てみたら、これほぼ純粋にミ…

三島由紀夫と一九七〇年 / 板坂 剛, 鈴木 邦男

どこで知ったのかよく覚えていないのだが、twitterのtimelineか何かだろう。 「三島由紀夫と一九七〇年」という小冊子が出ていた。 著者は板坂 剛、鈴木 邦男という作家追っかけライター的なかた。 最初の2/3は、文学と右翼と左翼とはという陸上自衛隊市ヶ谷…