オブリビオン

Amazonプライムで視聴。

画がなかなかきれい。ストーリーもすごくSFっぽい。すこしP.K.ディックっぽさもある。

主演はトム・クルーズ。SFアクション! というよりは、むしろヴァニラ・スカイが良かった人のほうに勧められる一本。

花巻〜田沢湖〜宝仙湖

のんびり過ごす土曜日。

そろそろ夕暮れ。

そうだ、どっか行こう。と思い、
30分しらべて、17時にホテルを予約し、荷物をカバンに入れて、18時に仙台宮城ICから東北道で北へ。

ホテル フォルクローロ花巻東和に投宿。
この感じで、夕食朝食付きで8,000円程度ならvalue for moneyだ。

f:id:mrmt:20180516212914j:plain

f:id:mrmt:20180516212904j:plain

f:id:mrmt:20180516212909j:plain

 

f:id:mrmt:20180516212850j:plain

f:id:mrmt:20180516212856j:plain

キーボード (MIDIのほうの) も一応持っていったが、特になにも浮かばず、作曲も進まず。とはいえiRig KEYSはコンパクトで、ひょいっと旅行鞄に入れていけるのでとても便利。私のはHard Offで3,000円でゲットしたもの。 

IK Multimedia iRig Keys  iOS,Android,Mac/Win対応モバイル・キーボード【国内正規品】

IK Multimedia iRig Keys iOS,Android,Mac/Win対応モバイル・キーボード【国内正規品】

 

 

夜が明けて。

f:id:mrmt:20180516212919j:plain

f:id:mrmt:20180516212924j:plain

f:id:mrmt:20180516212930j:plain

 

やや曇天だが、気持ちいい。

f:id:mrmt:20180516212939j:plain

 

田沢湖に向かってみる。

 

f:id:mrmt:20180516212953j:plain

 

人が、いない…

 

f:id:mrmt:20180516212958j:plain

 

知財とは。

f:id:mrmt:20180516213013j:plain

f:id:mrmt:20180516213007j:plain

 

パースとは。

f:id:mrmt:20180516212948j:plain

 

うーん、正直10分もいなかった。

どうしようか考えたが、気を取り直して、もう少し上流に向かってみる。

 

秋扇湖というところ。

 

f:id:mrmt:20180516213039j:plain

f:id:mrmt:20180516213033j:plain

 

一気に、東山魁夷な感じになった。
すばらしい。

 

f:id:mrmt:20180516213020j:plainf:id:mrmt:20180516213027j:plain

 

さらに上流へ。

玉川ダム、そして宝仙湖。

f:id:mrmt:20180516213124j:plain

 

ダムで沈んだ村の木々が、いまだ湖水から空に向かって生えている。
すばらしい。

湖水がコバルトブルーなのは、もともとレモンの汁以上に酸性が強く、植物にも魚にも厳しかったこの川の水を、中和剤で鎮めている副作用なのだそうだ。

 

f:id:mrmt:20180516213117j:plain

f:id:mrmt:20180516213057j:plain

 

熊。

確かに出そう。

 

f:id:mrmt:20180516213044j:plain

f:id:mrmt:20180516213103j:plain

f:id:mrmt:20180516213052j:plain

 

雫石のほうまでもどり、道の駅 雫石あねっこ いで湯の里 というところで雫石ハンバーグ定食。

f:id:mrmt:20180516213130j:plain

 

仙台にもどり、買い物して、18時に帰宅。

ちょうど24時間、出かけていた。

きっと、うまくいく

3人の若者を中心に、大学時代と、10年後のいまとが交差するヒューマンコメディ。Amazonプライムで視聴。

ちょっと自殺と立ちションがカジュアルすぎるな、とは思ったが、
ベタで、テンポよく、インド映画の「明るいミュージカルっぽさ」も良くミックスされていて、笑いあり涙あり、伏線全部回収しまくりで3時間が一気に過ぎる良作。とっても映画っぽい! おすすめ。 

レディ・プレイヤー・ワン

3Dメガネ掛けて観てきた。

シン・ゴジラを「会議のマッドマックス」と表現していた人がいたけど、それでいうとこれは「オマージュのマッドマックス」だ。
こんだけ絶え間なくオカズが登場してくるのに、散らかりすぎず、ちゃんと勇気と友情の冒険映画になっていて、やっぱり映画を作るのが巧いんだなー。

 

メイキング・オブ・レディ・プレイヤー1

メイキング・オブ・レディ・プレイヤー1

  • 作者: ジーナ・マッキンタイヤー,スティーブン・スピルバーグ(序文),アーネスト・クライン(前書)
  • 出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク
  • 発売日: 2018/03/30
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る